船舶検査の種類と時期

(1) 船検の種類

定期検査
・初めて船舶を航行させる時、又は船舶検査証書の有効期間が満了した時に受ける精密な検査。

中間検査
・定期検査と定期検査との間に受ける簡単な検査で船舶の用途等により実施時期が異なる。

臨時検査
・改造、修理又は設備の新替え等を行ったときに受ける検査

臨時航行検査
船舶検査証書の交付を受けていない船舶を臨時に航行させるときに受ける検査


(2) 検査の時期(定期検査、中間検査)

@ 定期検査及び中間検査は一定の周期で受けるもので、その時期は用途等に応じ以下のようになっています。

・一般の小型船舶(旅客船以外)
 定期検査:6年間、 中間検査:定期検査から3年目

・総トン数5トン未満の旅客船(旅客定員13人以上)
  定期検査:5年間、 中間検査:定期検査から2年目〜3年目の間

・総トン数5トン以上の旅客船
  定期検査:5年間、 中間検査:毎年

A 臨時検査、臨時航行検査
・ 臨時検査又は臨時航行検査は、その必要が生じた際に随時受検するもので以下のような場合に受検しなければなりません。


「臨時検査 」
・以下のような改造、修理、取替えなどを行うとき

・・船の長さ、幅又は深さを変更する改造
・・船体の強度、水密性及び防火性に影響する改造又は修理
・・かじ、操舵装置の改造
・・主機又は機関の主要部(クランク軸、プロペラ軸など)の取替え
  (ただし、船舶検査手帳に指定されている船外機等と取替える場合は不要です。)
・・法定備品の取替え等
  (ただし、予備検査又は検定に合格した備品と取替える場合は、膨張式救命筏等を除き不要です。)
・・復原性又は操縦性に著しい影響を及ぼすおそれのある改造又は修理
・・海難や火災などで、船体、主機又は機関の主要部に重大な損傷を受けたとき

船舶の航行区域、最大とう載人員等船舶検査証書に記載された航行上の条件を変更するとき(技術基準が変わる場合)

船舶検査手帳に指定された臨時検査の時期がきたとき

「臨時航行検査 」

・船舶検査証書の交付を受けていない船舶を検査等のため受検地へ回航するとき

・ 船舶検査証書の交付を受けていない船舶を試運転等により止むを得ず臨時に航行させるとき

タグ:船舶検査

【人気blogランキングに御協力お願いします】
【にほんブログ村 ヨット・ボート】
【人気ブログランキング・ブログの殿堂】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。