ゴムボートの世界へ

手漕ぎゴムボートから始まり、エンジン付きゴムボートを経て、現在のトレーラブルボートに至りました。

しかし、今でも船酔いします。

手漕ぎゴムボートへ乗るきっかけは、突然でした。

もともと船酔いする体質なので、船釣りはあきらめていましたが、渡船で沖の防波堤へ渡っての釣りはよくやってました。

その日も、早朝から船賃を払い渡船に乗り、沖防波堤で釣りを始めましたが、サッパリ釣れませんでした。

そんな時、手漕ぎゴムボートが防波堤の周りをゆっくり回りながら、釣りをしているのに気づきました。

よく見ると、こちらの釣果はサッパリなのに、ゴムボートの釣り人は切れ間無くカレイを釣り上げています。

その日、家に帰り、妻に今日の出来事を話した後、大型釣具店で手漕ぎボムボートを買っていました。

次の土曜日は早朝から先週つりをした場所へ行き、海の上で釣りをしていました。

次の土曜日も同じ場所へ行き海の上で釣りをしましたが、1時間後に船酔いでダウンし、厳しい海の洗礼を受けました。


【人気blogランキングに御協力お願いします】
【にほんブログ村 ヨット・ボート】
【人気ブログランキング・ブログの殿堂】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。