ゴムボート、5馬力から8馬力へ

ゴムボート
5馬力の船外機を2シーズン使用し、3シーズン目に8馬力に乗せ変えた。

5馬力と8馬力では3馬力の差となるが、数値上の差以上に感覚的には違いがある。

5馬力では、MAX12ノットで、一人乗船で滑走するには、操船位置をゴムボートの中心にし、重心を前に持ってこないと、滑走しませんでした。
2名乗船では滑走は無理で、非力感は否めません。

8馬力では、MAX16ノットまで伸び、一人でも通常の操船位置で滑走するようになり、助走は長めに必要ですが、2名乗船でも滑走可能となります。

船外機付ゴムボートでは、荷物が多く、エンジンなど重量物が増えるので、2名での釣行が多くなります。

そうなると、2名でも滑走できる8馬力以上のエンジンは必須となります。

免許・船検不要で急増している2馬力エンジンでは、向かい風のなかを進むには、非力すぎるので、天候には十分気をつける必要が有ります。

【人気blogランキングに御協力お願いします】
【にほんブログ村 ヨット・ボート】
【人気ブログランキング・ブログの殿堂】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。