サバがマグロを産む???


サバにマグロを生ませる研究が、東京海洋大学の吉崎悟朗准教授により進められている。

クロマグロの精巣から精子のもととなる細胞「精原幹細胞」を取り出し、卵からかえったばかりのサバの稚魚の腹に移植する。

すると、オスの稚魚はサバとマグロ両方の精子を作り、メスも両方の卵を作り、成長したサバのオスとメスで受精卵を作れば、サバに加えマグロも産まれる、と見込んでいる。

既に同様の方法で、ヤマメのオスとメスからニジマスを生ませることに成功しており、現実性は高いようだ。

海中を高速で回遊する大型魚のマグロに比べ、サバは管理が簡単。
また、成魚に育つまでにマグロは最低3年かかるのに対し、サバは2年で済み、飼育効率も高い。

研究の背景には、マグロを単独で殖やすより、サバに産ませた方が漁獲量にプラスになるという読みがある。

ボート釣りでもメジ・ヨコワと呼ばれるマグロの幼魚が、ルアー釣りなどの好ターゲットとなっているが、サバから生まれたマグロのファイトと食味は、天然マグロと同じなのでしょうか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070630-00000024-jij-bus_all

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46382809
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【人気blogランキングに御協力お願いします】
【にほんブログ村 ヨット・ボート】
【人気ブログランキング・ブログの殿堂】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。