ヤマハ新型サロンクルーザー「SC−30」を発売

ヤマハ新型サロンクルーザー「SC−30」を発売

ヤマハが、ヨーロピアンタイプのスタイリングと寛ぎを重視したキャビンスペースを持つ、サロンクルーザー「SC-30」を2007年9月1日より発売することを発表しました。

SC-30」は品格のある流麗なデザインに、上質な素材を使用した快適かつ広々としたキャビンを有し、フライングブリッジには5名がゆったりと座ることのできるクラス最大のスペースを確保したサロンクルーザーです。

SC-30」の外観は、現在販売されている「ラクシア」に近い感じです。

SC-30」おハルは、新設計のV型ハルを採用し、走行性・操船性にも優れています。
また、標準でバウスラスターを装備しており、離着岸時の取り回しも容易にできるようです。

基本価格は、艇体・エンジン+限定沿海セットで、\29,776,845−と設定されています。


【「SC-30」の主な特徴】
・美しい外観デザインと新たなサロンクルーザー船型
・優れた操船性
・安心、快適な船上装備
・広々としたフライングブリッジ
・上質な時間を提供するメインサロン
・ロングクルーズにも対応する豊かな居住性

この記事へのトラックバック

【人気blogランキングに御協力お願いします】
【にほんブログ村 ヨット・ボート】
【人気ブログランキング・ブログの殿堂】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。