「ボートパーク広島」が完成

小型船舶係留施設「ボートパーク広島」が、広島市中区吉島地区の元安川河口に完成した。

ボートパーク広島は、10月1日にオープン予定で、プレジャーボートなど放置船対策に力を入れる広島県が、海や河川の景観改善を図る目的で、
県内の公共事業で初の民設民営で整備してきた。

ボートパーク広島は、元安川河口の約7万平方メートルの水域に桟橋7本を新設し、全長16メートル以下の船舶516隻を収容可能で、約250隻の予約を受け付けた。

この記事へのトラックバック

【人気blogランキングに御協力お願いします】
【にほんブログ村 ヨット・ボート】
【人気ブログランキング・ブログの殿堂】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。