ソマリア沖に海賊出没

22日、デンマークの外務省当局者が、今年6月にアフリカ東部ソマリアの沖合で海賊に襲われ乗っ取られていた、デンマーク貨物船の船員5人が解放され、船員をフランス海軍の艦船に引き渡されたと発表した。

金額は不明だが、要求されていた身代金を支払ったとしている。

乗っ取り事件はデンマーク貨物船がケニア・モンバサ港に向かう途中の6月1日に発生していた。

ソマリア沖は海賊出没の最多海域の一つで、衛星電話・高速ボート・GPSなど最新装備で武装したグループが、客船・貨物船を襲撃している。

ソマリア近海で哨戒活動を実施している米海軍が、海賊のボートを発見しながらソマリア領海に逃げたため取り逃がした事もあり、政情不安が続くソマリアの武装勢力が関与しているとの噂もある。

この記事へのトラックバック

【人気blogランキングに御協力お願いします】
【にほんブログ村 ヨット・ボート】
【人気ブログランキング・ブログの殿堂】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。