船舶免許制度

「一級小型船舶操縦士」  
・小型船舶で操縦できる範囲は無制限です。
 ただし、沿海区域の外側80海里(約150キロメートル)未満の水域以遠を航行する場合は、六級海技士(機関)以上の資格を受有する者を乗り組ませねばなりません。

「二級小型船舶操縦士」  
・小型船舶で、海岸から5海里(約9 キロメートル)までの海域を操縦できます。
 なお、年齢が18歳未満の方は操縦できるボートの大きさが5トン未満に限定されます。18歳に達すると、特に手続きは必要なくこの限定は解除され、次回免許証更新時には限定の無い免許証が発行されます。

「二級小型船舶操縦士(湖川小出力限定)」  
・湖や川だけに利用する総トン数が5トン未満、エンジンの出力15キロワット未満の船を操縦できます。

「特殊小型船舶操縦士」  
・水上オートバイを操縦するために必要な免許です。湖岸や海岸から2海里(約3.7キロ)までの水域を操縦できます。

尚、水上オートバイを操縦するためには、「特殊」の免許を所有しなければなりません(一級・二級の免許では操縦できません)。


【小型船舶の範囲】

「小型船舶」とは、総トン数20トン未満の船舶です。但し、総トン数20トン以上のプレジャーボートで、次の要件の全てを満たしている場合には、小型船舶に含まれます。

・一人で操縦を行う構造であるもの
・長さが24メートル未満であるもの
・スポーツ又はレクリエーションのみに用いられるもの(漁船や旅客船等の業務に用いられないもの)

【免許不要の船舶】
平成15年6月から、次の要件の全てを満たすボートは免許が不要で、船舶検査を受けなくても操船する ことができるようになりました。

・長さが3メートル未満であるもの(登録長)
※注:「登録長」は、概ね「船の全長×0.9」となります。(なお、船型によって「登録長 」の定義が異なりますので、詳細は運輸局等にご確認ください。)

・推進機関の出力が1.5kw(約2馬力)未満であるもの

・直ちにプロペラの回転を停止することができる機構を有する船舶、または、その他のプロペラによる人の身体の傷害を防止する機構を有する船舶
例)非常停止スイッチ、キルスイッチ、遠心クラッチ、中立ギア、プロペラガード等 →これにより、例えば、上記Bの機構を有するエレキモーター(出力1.5kw未満に限る)のみを使用して3m未満の船を利用する場合には、免許は不要になります。
(※1.5kw未満のエレキモーターのみでも船の長さが3m以上である場合は免許が必要となります。)

【免許・免許証】
免許証は、平成15年6月に「海技免状」から「小型船舶操縦免許証」に名称が変わりました。(現在、海技免状を所有する方は、当該海技免状の有効期間内はそのまま使用することができます。更新の際に新免許証へ引き換えとなります。)。

一級(又は二級)と特殊の両方の免許を取得している方には、両方を合わせて表示した1枚の操縦免許証が交付されます。

特殊の免許を取得している方が、後日、一級(又は二級)の免許を取得した場合、新たに発行される操縦免許証は一級(又は二級)と特殊の両方が表示され、有効期間は新たに発行される操縦免許証の交付日から5年間になります。
(一級(又は二級)の免許を先に取得し、特殊の免許を後で取得した場合もこれと同じです。)

タグ:船舶免許

ボートのメンテナンス

ボートのメンテナンスは、使用頻度などにより異なります。

良く、船外機は毎回使用後に真水で潮抜きする必要が有るといわれますが、漁港に置いてある磯舟の船外を毎日戦場しているとは思えません。

毎日のように使用する漁師さんの船外機は、毎日のように使用するので、塩が乾燥して固着する暇がないからです。

【船体のメンテナンス】
船体に関しては、できるかぎり水洗いするに越したことはありません。

特にゴムボートの場合、海で使用したあとは、真水で洗浄するないと、次に使用するとき匂いやぬめりに悩まされます。

材質が変わり、昔のようにゴムがくっ付いたり、劣化する等は少なくなっていますが。

FRPボートでもできるかぎり真水で洗浄したほうが良いです。

海水が船体の隅に溜まったまま放置され、日差しを浴びて乾くと、塩の結晶が付着し、なかなか取り去ることができません。

ブラシで擦らないまでも、真水で流すぐらいはすべきです。

【船外機のメンテナンス】
船外機についても、使用後に真水で洗浄するのが一番です。

しかし、使用頻度が高い場合や、係留保管で真水が手配できない場合などは、とにかく定期的にエンジンを動かすようにしましょう。

2週間に1度は動かし、まめにグリスアップさえしていれば、塩で固着して動作が渋くなることはないでしょう。

2ストロークエンジンの場合、オイルによるキャブレターの異常が起きないように、シーズンオフにはキャブレター内の燃料を残さず抜くようにしましょう。

4ストロークエンジンの場合、年2回のオイル交換と年1回のエレメント交換を行いましょう。

また、どのタイプの船外機でも、定期的なプラグ交換とギアオイル交換は必須です。(大した金額ではないので年に1度はやりましょう)

【トレーラーのメンテナンス】
意外と忘れがちなのが、トレーラーのメンテナンスです。

どうしても水に浸かってしまう、タイヤのベアリングにグリスを挿す。

燈火類の目視点検。

カプラー部分のグリスアップなどを実施し、車検時に全体的な面手をすれば安心です。

トレーラブルボートの使用について


【トレーラブルボート】


私のボートは、16ftの和船タイプで、トレーラーに乗せて自宅保管し、港内の砂浜から出船しています。

日頃利用している砂浜は、ジェットスキーやゴムボートから、最大25ftクラスの船内外機艇までが利用しており、ハイシーズン中は大変混み合い、場所を確保するのが大変です。

トレーラーに乗せて運べるのは最大25ftクラスのボートが限度で、それ以上のstrong>ボートだと船型によっては船幅の問題で路上移動はできないことになります。

また砂浜等では、水深の関係でトレーラーで船の上げ下ろしができるのも、25ftが限度でしょう。

船型にもよりますが、一人で楽に上げ下ろしができるのは17ftクラスまでで、20ftクラスの船を一人で扱うには、トレーラーの準備中に船が勝手に移動したり向きを変えてしまわないよう、アンカーリングする等の手間が掛かります。

トレーラーのタイプも重要で、レール式のトレーラーの場合、17ftクラスでも相当の巻上げ力が必要となるので、電動ウインチを使用している人も少なくありません。

20ft以上の船を載せるならば、ローラータイプのトレーラーが必須となります。

牽引する側の車も、

砂浜でのボートの上げ下ろしでは、ボートがぎりぎり浮かぶ水深の位置までトレーラーを水中に入れる必要が有るので、牽引車は車高の高いクロカンタイプのRV車が必要です。

また、トレーラーや牽引車を波打ち際に置いたまま、釣り道具の片付けなどをしている間に、波で砂が侵食されタイヤが埋まり動けなくなり水没した様子を目にしたこともあるので、注意が必要です。

トレーラーには車検と自動車税が必要で、小型トレーラーで年間3万から4万ぐらいの費用が掛かりますが、マリーナを使用するよりははるかに安く済みます。
以上、トレーラブルボートを使用していて気づいた事を書き込んでみました。

ゴムボートについて

現在のゴムボートは、「手漕ぎのゴムボート」・「免許不要のゴムボート」・「免許を要するゴムボート」の3つに分類できます。

【手漕ぎのゴムボート
エンジン・電動モーター等の動力を使用しない、人力でオールを漕いで航行するボートです。
船体購入費・維持費共に最小限の出費で済みますが、行動半径は体力によって限定されます。

陸からの釣りよりも多くの釣果を得ることができ、魔界への入り口に位置するカテゴリですが、その魅力は絶大で、直ぐに動力船が欲しくなりました。

手軽に船釣りを楽しめますが、人力に頼るぶん、危険度は最も高いと言えるので、ライフジャケット・ロープ・アンカー等の、船に乗るための最低限の装備は必要不可欠です。

【免許不要のゴムボート
船長3m未満で、2馬力未満に相当する動力を搭載できる船舶です。(ゴムボート以外でも可)

手漕ぎに比べ、行動範囲は広がりますが、実質的な航行範囲は半径1海里程度が限度と思われます。

5m前後の風に逆らって航行するのは、2馬力では結構キツイ状況となります。

意識的には、楽な手漕ぎボートと考えてください。(内水面では別ですが)

「免許を要するゴムボート
このカテゴリは、入門用から、海上保安庁が使用する、FRPボトムの高速艇までいろいろな種類が有ります。

最近のゴムボートは、搭載できる船外機の馬力も、以前に比べて高馬力となっているため、行動範囲も広がりつつあります。

また、船外機も4スト化が浸透し、エンジン重量も増えており、組み立てや・撤収時の作業に労力が増える傾向に有ります。

どのタイプにもいえることですが、ゴムボートは船舷が浅く波飛沫をかぶり易い、風の影響を受けやすいなどの特徴が有ります。

しかし、他の船型に比べると転覆の危険性が圧倒的に少ないというメリットもあるので、特性を熟知し無理の無く使用すれば、最も手軽にボートライフを楽しめると思います。

タグ:ゴムボート

My Boat遍歴

私のボート暦は、約7年前から始まっています。

手漕ぎゴムボートで1シーズン。

その翌年、4級船舶免許を取得し、エンジン付きゴムボートに3シーズン乗っていました。

翌年、和船タイプの16フィートのトレーラブルボートを購入し、現在に至ります。

そして、2年前の免許制度変更時に1級船舶を取得しました。

これまで、定期検査・中間検査・小型船舶の登録を自分で実施してきましたが、トレーラーの車検は、知人の工場に依頼しています。

現在の和船は沿岸航行区域を取得しているのですが、船が小型であることと、自分が船酔いするため、長距離航行はしたことがなく、出港場所から半径5海里ぐらいが限度です。

船に乗る目的は100%が釣りで、どうしても沖へ行きたいときは、仲間の遊漁船に乗せてもらっています。

ゴムボートも自宅に保管していますが、船検は切れた状態で、売却予定です。

和船も夏場は自宅前に保管していますが、冬場は除雪スペース確保のため、知人の土地に置かせてもらっています。

タグ:マイボート

【人気blogランキングに御協力お願いします】
【にほんブログ村 ヨット・ボート】
【人気ブログランキング・ブログの殿堂】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。